0 2週間

皆さんにとっての口内トラブルとは、一体どのようなものでいらっしゃいますでしょうか。口臭・虫歯・口内炎・ドライマウスなどなど、様々な口内トラブルがあげられるとは思いますが、その中でも歯周病は見た目からは分かりづらいこともあり、手の施しようがなくなってから歯科受診をされる方が多い口内トラブルの1つとされ、予防策としては何よりも日頃からのセルフチェックが重要でもあるようです。歯周病は、歯の土台となる歯を支える骨の部分が口内の細菌によって溶けてしまうことなどが原因で知らぬ間に歯が抜け落ちてしまう大変怖い歯の病気なのです。30代以降の方々は、自分自身がすでに歯周病菌をもっている前提で、歯周病予防への意識を高めた方が良いなどと考えられているようです。歯周病のセルフチェックとしては、例えば口臭を感じ始めた・歯茎が赤く腫れている・歯を磨いた後に出血することがある・時々歯が浮くような感覚がある・歯がグラグラし始めた・歯茎から膿が出る・食後、歯と歯の隙間に食べ物が詰まるようになり始めたなど、歯周病に関するセルフチェックの項目は、数多くあるようですがこれまでに専門医に聞いた項目から代表的なものを集めてみました。実際に上記のようなセルフチェック項目の中に、1つでも思い当たるようなことがありますと、多くの人々に歯周病の可能性があるなどとも考えられているようです。実際に定期的に歯科受診をされていらっしゃる方であれば、かかりつけ歯科医が皆さんの口内環境をきちんとチェックしているとは思われますが、ご自身の健康のことでもありますので、歯周病に関するセルフチェックは毎日のデンタルケアの中でも行なっていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です